極左暴力集団のゆるふわホームコメディ!!

アガリスクエンターテイメント15周年記念興行・第28回公演は、現代に生きる過激派左翼団体の若者達を皮肉とユーモアで描くシチュエーションコメディ!

2020年5月の公演を中止し、「最高に楽しい延期をしよう」をモットーに創作を継続。クラウドファンディングの実施やスピンオフを自主制作で映像化(連続ドラマ化)するなどの活動を経て、ついに東京・大阪での舞台版の上演が決定!
劇団員と、劇団員より出てる客演という最もコアなメンバーでお届けする、熱く、みみっちい青春群像劇。

ドラマ版と舞台版の全13話からなるシチュエーションコメディシリーズが『かげきはたちのいるところ』です。

上演に寄せて……(脚本・演出:冨坂友)
アガリスクハウスという家があった。
劇団員が、入れ替わり立ち替わり、三人でルームシェアした一軒家だ。
一階に共有スペース、二階に小さな個室が三つ。
この家で色々なパーティーをした。鍋をして、餃子も作って、電気が止まって、ガスも止まって、洗面所は水浸しになった。 数々の会議と揉め事があって、そしてたくさんの作品を作った。

そんな家はもう無い。
今は、それぞれが自分の生活をしている。

でも、まだまだ演劇は続けている。
だから、この物語を媒介にして、もう一度アガリスクハウスを出現させてみようと思う。 我々と皆さんのそれぞれのアガリスクハウスを。

“観察”をテーマにした作品づくり・興行づくり!
本作は、過激派の若者達が生活していく様を、「家」の視点で定点観察するスタイルの作品です。
ついては、お客様にもなるべくこの作品ができていく過程を公開し、観察してもらうための施策を用意しました。

①出演者全員のリアル創作日誌

全出演者に1冊ずつノートを配布し、毎回の稽古ごとに自由な形で創作日誌を書いてもらいます。それを集約し、日々公開していきます。

②創作過程を追ったドキュメンタリー作品の製作

「視点」という名のセクション(辻本直樹/井上亮二)を設け、公演に係る全ての稽古・全ての会議を映像で記録。
辻本氏が監督して、公演終了後に1本のドキュメンタリー作品にして公開するまでを含めて、今回の公演とします。(後日上映会を予定)

上演延期と創作の継続についてのお知らせ

アガリスクエンターテイメント15周年記念興行・第28回公演『かげきはたちのいるところ』は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、予定していた2020年4月29日(水)〜5月10日(日)の上演を取りやめ、2021年春頃に延期いたします。

上演を楽しみにしてくださっていた方々、チケットをご購入いただいている方々には誠に申し訳ありません。
ご予約はキャンセルさせていただき、事前精算でご購入いただいている方には払い戻しの対応をさせていただきます。詳細は こちら をご覧くださいませ。

お客様や関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、感染拡大防止のためにご理解いただけますと幸いです。

なお、作品創作については以下のスタンスで継続して参ります。
『かげきはたちのいるところ』およびアガリスクエンターテイメントをどうぞよろしくお願い申し上げます。

アガリスクエンターテイメント一同

『かげきはたちのいるところ』は「中止」ではなく「延期」です。
もっと言うと「今からずーっと作って発表し続ける」です。

作品創作継続の施策

    1. 公演初日に作品のパイロット版(朗読)を公開します
    2. 公演千秋楽より作品のパイロット版(リモートで作った映像作品)を公開します
    3. 今回の損害の補填を目的として、ご支援をお願いするクラウドファンディングをはじめます
    4. 本サイトにて定期的に作品の情報(あらすじ・台本・写真などのコンテンツ)を更新し続けます
    5. 延期した劇場での公演を「作りためたネタの集大成をお届けする“劇場版”」と位置づけます

もともとこの作品は、創作過程をWEB上に公開し、全稽古・全会議の記録映像をドキュメンタリー映像として公開するところまで含めた、劇場での上演で完結しない演劇プロジェクトとして始めました。

また、これは未発表で未決定で出演者にも言ってはいなかったのですが、今回上演して上手くいったら、この設定と登場人物でスピンオフのシットコムドラマ(映像作品)を継続して作り続けようかな、とすら思っていました。もとより、この作品世界を2週間の舞台公演だけで終わらせるつもりはなかったのです(あくまで冨坂的には)。

なので、此度の公演延期は残念ですが、作品づくりは終わりません。
ただの延期でもなければ勿論中止でもなくて、作り続けて、その都度なんらかの形で発表して、その集大成を延期した劇場公演で発表する。
そんな、我々と皆さんの妄想の中で超ロングランで上演し続けるプロジェクトに変化を遂げました。

次回劇場で上演する日と、それまで続く創作と発表を楽しみにしていただければ幸いです。

アガリスクエンターテイメント第28回公演『かげきはたちのいるところ』引き続きご期待くださいませ。

それぞれの施策のご紹介

①公演初日に作品のパイロット版(朗読)を公開します
長期的な創作継続のために、上演予定だったエピソードとは別の「パイロット版」を創作します。
それを4月29日(水)の19:00より出演者一同による朗読の生配信でお送りします。

②公演千秋楽より作品のパイロット版(リモートで作った映像作品)を公開します
5月10日(日)より、出演者が完全リモートの環境で創作したパイロット版の映像作品をYouTubeで公開します。
出演者各自が自宅で収録した音声と自宅で撮影した写真を組み合わせた、静止画による紙芝居風のアニメーション作品(ボラギノール®︎のCMみたいな)を予定しています。

パイロット版の詳細はこちら

③今回の損害の補填を目的として、ご支援をお願いするクラウドファンディングをはじめます
此度の上演延期によって、劇場費・人件費・稽古場代・チラシ・各種手数料などの損失(130〜150万円程度)が発生いたしました。
今後の劇団運営、延期する公演の開催、そして目前に迫った支払いのために、皆様のご支援を賜れれば幸いです。

クラウドファンディング(ご支援ありがとうございました)

④本サイトにて定期的に作品の情報(あらすじ・台本・写真などのコンテンツ)を更新し続けます
創作を継続し『かげきはたちのいるところ』を「連載」として作るべく、定期的に各話のあらすじ、プロット(可能なら台本)を公開します。
可能であれば舞台写真がわりのビジュアルイメージの公開なども行っていけたらと考えております。TVドラマの特設サイトにある「あらすじ」ページのようなものをイメージしていただけると近いかもしれません。
公開のスケジュールは追ってお知らせいたします。

ドラマ版の詳細はこちら

⑤延期した劇場での公演を「作りためたネタの集大成をお届けする“劇場版”」と位置づけます
④で定期的に作りためたネタの中から最適なものをピックアップし、長編の演劇公演に合う形にブラッシュアップして、その集大成を延期した公演にて上演します。TV放送の連続ドラマ・連続アニメから劇場版の公開に至るようなイメージです(もちろん、劇場で初見のお客様にもわかるものにはしますが)。
延期した公演の日程は2021年春頃を予定しております。決まり次第発表いたしますので今しばらくお待ちくださいませ。

延期した公演をただ待つのではなく、それまでの期間で作り続け、発表し続けることによって、“初演なのに再演みたい”な、“長編の演劇なのに連ドラの最終回みたい”な、長い長いプロジェクトの集大成となるように創作を継続していきます。どうぞこの変貌を遂げたプロジェクトを見守っていただければ幸いです。


公演情報

-東京公演-

日程

2021年7月16日(金)〜7月25日(日)全14ステージ

7月16日(金) 18:30★ ゲスト:加糖熱量(裃-這々)
7月17日(土) 13:00★ ゲスト:古屋敷悠
18:30★ ゲスト:古屋敷悠
7月18日(日) 13:00★ ゲスト:三遊亭ぽん太
18:30[パイロット版]
7月19日(月) 休演日
7月20日(火) 18:30 ゲスト:目崎剛(たすいち)
7月21日(水) 18:30 ゲスト:東直輝(悪い芝居)
7月22日(木) 13:00 ゲスト:さいとう篤史(ジョナサンズ)
18:30 ゲスト:さいとう篤史(ジョナサンズ)
7月23日(金) 13:00 ゲスト:山田健太郎(やまだのむら)
18:30 ゲスト:高木健
7月24日(土) 13:00 ゲスト:菊池泰生
18:30 ゲスト:菊池泰生
7月25日(日) 13:00 ゲスト:木内コギト

日替わりゲストの紹介はこちら

  • 開場は開演の30分前、受付開始は開演の45分前です。
  • ★マークの回は前半料金です。
  • [パイロット版]の回は本編の上演はありません。30分〜40分のパイロット版のみを上演します。
  • 本編の生配信も行います(アーカイブあり)。詳細は今しばらくお待ちください。

会場

サンモールスタジオ
(〒160-0022 東京都新宿区新宿1丁目19-10 サンモール第3M B1)
東京メトロ丸の内線「新宿御苑前」駅・2番 大木戸門口 徒歩3分


-大阪公演-

日程

2021年8月13日(金)~8月15日(日)全4ステージ

8月13日(金) 18:30
8月14日(土) 13:00
18:30
8月15日(日) 13:00
  • 開場は開演の30分前、受付開始は開演の45分前です。

会場

in→dependent theatre 2nd
(大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目9-5 )
OsakaMetro堺筋線 恵美須町駅 1A出口から北へ5分

料金

一般料金
4,200円
指定席
前半料金
3,800円
★のマークの回(7/16~7/18[13:00]の回)が対象
東京公演のみ
指定席
富豪席
7,000円
座席自由選択指定
上演台本+写真(集合写真+希望キャストのサイン入り舞台写真)つき
前売券(事前精算)限定
販売期間は《東京》7/9(金)21:00まで 《大阪》8/6(金)21:00まで

割引適応不可
※日替わりゲストの舞台写真はご用意できません。予めご了承ください。
大貧民席
3,000円
指定席
各回枚数限定

割引適応不可
※受付を済ませた後、開演の10分前にお席へご案内します。見切れ席、後方席などこちらで指定したお席となります。
※2名様以上は隣席になれない可能性あり。
高校生以下料金
1,000円
高校生以下のお客様が対象
指定席
各回枚数限定
要生徒手帳提示
割引適応不可
パイロット版
2,000円
7月18日(日)18:30の回(東京)限定
2020年に制作した「パイロット版」をミニ公演として上演いたします。
本編の上演はありません。
  • 予約券・当日券ともに同一料金
  • 「富豪席」以外は全席指定となります。自動配席のため、複数枚購入されても隣席になれない可能性がございます。
  • 「富豪席」「大貧民席」「高校生料金」は割引対象外です。
  • 生配信のチケット・アーカイブのチケットも販売します。詳細は今しばらくお待ちくださいませ。

割引

貧民割引
500円引き
当日の受付で「貧民です」と自己申告した方は500円引き(またはキャッシュバック)
要予約または事前精算
リピーター割引
1,000円引き
本公演のチケットの半券をお持ち頂くと1,000円引き(またはキャッシュバック)
一枚につきお一人様有効
  • 割引の併用はできかねます。あらかじめご了承ください。

販売窓口

【東京公演】2021年6月1日(火)21:00発売開始
【大阪公演】2021年7月1日(木)21:00発売開始

カンフェティ
(事前精算)

お支払方法はクレジットカード、セブンイレブン店頭払いがご利用頂けます。
発発券手数料0円(※)の「モバパス」のご利用をオススメします。
モバパスをご利用されない場合は、別途、発券手数料(330円)がかかります。
※モバパス(電子チケット)の購入者手数料0円キャンペーンが、2021年6月30日をもって終了となります。7月1日以降にモバパスにてご購入のお客様は、通常通り55円/枚の購入手数料となります。
CoRichチケット!
(当日精算)

当日受付にてお名前を仰って頂き、精算・発券を行います。
お支払いは当日受付にて現金および各種キャッシュレス決済で承ります。
出演者別の取り扱いをご希望の場合は下記URLからご予約お願いします。
出演者ごとの予約フォーム
淺越岳人《東京》《大阪》
伊藤圭太《東京》《大阪》
榎並夕起《東京》《大阪》
鹿島ゆきこ《東京》《大阪》
熊谷有芳《東京》《大阪》

塩原俊之《東京》《大阪》

津和野諒《東京》《大阪》

前田友里子《東京》《大阪》

矢吹ジャンプ《東京》《大阪》
斉藤コータ《東京》《大阪》
冨坂友《東京》《大阪》

クラウドファンディングについて

2020年4~5月に実施しました「『かげきはたちのいるところ』上演延期支援プロジェクト」の、チケットに関連するリターンについてのご案内です。

回数券
回数券をお持ちの方は券種選択時「一般」を選び、備考欄に「回数券」とご記入し、当日回数券をお持ちください。
※回数券裏面記載のご案内から手順が変更されておりますので、ご注意くださいませ。
小中高生30人ご招待
小中高生30名様をご招待いたします。
券種選択時「高校生料金」をお選びください。
予約後に抽選を行います。観劇日の1週間前までに当落選のご連絡をメールにて行います。
パイロット版ミニ公演
ご招待券をお持ちの方は、ご予約不要です。招待状を必ずお持ちくださいませ。

感染症対策について

こちらよりご確認ください。


キャスト・スタッフ

「革命的反グローバル資本主義者同盟」のリーダー。斉藤とは大学時代の友人。大学卒業後、中核派で活動していたが、活動方針を巡って抜け、新団体を立ち上げる。 大きな理想を語り皆を鼓舞するが、自身はあんまり働かない。

塩原 俊之 Shiobara Toshiyuki

●登場人物紹介[塩原]
「革命的反グローバル資本主義者同盟」のリーダー。
斉藤とは大学時代の友人。大学卒業後、中核派で活動していたが、活動方針を巡って抜け、新団体を立ち上げる。大きな理想を語り皆を鼓舞するが、自身はあんまり働かない。

●プロフィール
1984年6月12日生まれ
千葉県出身
180cm
アガリスクエンターテイメント所属
個人ブログ:しおたんブログ
個人Twitter:@donchan3ren
詳細なプロフィールは こちら

「革命的反グローバル資本主義者同盟」の構成員。 塩原とは大学時代の友人。地元東北の復興を蔑ろにした東京オリンピックに憤り、塩原の活動に賛同し新団体を結成する。 バックボーンのわりにテキトーで寛容で軽薄。

斉藤 コータ Saito Kota

●登場人物紹介[斉藤]
「革命的反グローバル資本主義者同盟」の構成員。
塩原とは大学時代の友人。地元東北の復興を蔑ろにした東京オリンピックに憤り、塩原の活動に賛同し新団体を結成する。バックボーンのわりにテキトーで寛容で軽薄。

●プロフィール
1984年12月12日生まれ
広島県出身
171cm
コメディユニット磯川家所属
個人ブログ:斉藤コータのこうたもん勝ち
個人Twitter:@s03123kouta
詳細なプロフィールは こちら

「革命的反グローバル資本主義者同盟」の構成員。 塩原とは中核派時代に知り合い、共に組織を抜けて新団体を立ち上げる。 塩原の右腕でナンバー2を気取っているが、事実上みんなの世話を焼くお母さんと化している。

鹿島 ゆきこ Kashima Yukiko

●登場人物紹介[鹿島]
「革命的反グローバル資本主義者同盟」の構成員。
塩原とは中核派時代に知り合い、共に組織を抜けて新団体を立ち上げる。塩原の右腕でナンバー2を気取っているが、事実上みんなの世話を焼くお母さんと化している。

●プロフィール
1985年12月17日生まれ
兵庫県出身
155cm
アガリスクエンターテイメント所属
個人ブログ:鹿島ゆきこのかしましぶろぐ。
個人Twitter:@Yukiko__K
詳細なプロフィールは こちら

「革命的反グローバル資本主義者同盟」の構成員。革マル派にいたが塩原・鹿島と近い時期に組織を抜けている。目的意識が近いことから塩原に誘われて参加。 誰よりも革命戦士であろうと突っ張っている。

熊谷 有芳 Kumagai Yuka

●登場人物紹介[熊谷]
「革命的反グローバル資本主義者同盟」の構成員。
革マル派にいたが塩原・鹿島と近い時期に組織を抜けている。目的意識が近いことから塩原に誘われて参加。誰よりも革命戦士であろうと突っ張っている。

●プロフィール
1987年3月30日生まれ
千葉県出身
166cm
アガリスクエンターテイメント所属
個人サイト:熊谷有芳official site
個人Twitter:@kumayuka30
詳細なプロフィールは こちら

「革命的反グローバル資本主義者同盟」の構成員。塩原たちと同じ大学のかなり離れた後輩。音楽サークルのビラ・立て看板問題で学生課に反抗していたところをオルグされた。 ゆるフワな女子大生で末っ子気質だが、意外と善悪の基準がゆるい。

榎並 夕起 Enami Yuki

●登場人物紹介[榎並]
「革命的反グローバル資本主義者同盟」の構成員。
塩原たちと同じ大学のかなり離れた後輩。音楽サークルのビラ・立て看板問題で学生課に反抗していたところをオルグされた。ゆるフワな女子大生で末っ子気質だが、意外と善悪の基準がゆるい。

●プロフィール
1994年12月16日生まれ
東京都出身
162cm
アガリスクエンターテイメント所属
個人ブログ:榎並夕起のブログ
個人Twitter:@yuki_enami1216
詳細なプロフィールは こちら

「革命的反グローバル資本主義者同盟」の構成員。バックパッカー時代にカンボジアで斉藤と会い、大麻を吸いながらボヤッとした反体制思想で意気投合。後に誘われてメンバーになる。 組織の活動と、Perfumeファンであることの間で板挟みになっている。

津和野 諒 Tsuwano Ryo

●登場人物紹介[津和野]
「革命的反グローバル資本主義者同盟」の構成員。
バックパッカー時代にカンボジアで斉藤と会い、大麻を吸いながらボヤッとした反体制思想で意気投合。後に誘われてメンバーになる。組織の活動とPerfumeファンであることの間で板挟みになっている。

●プロフィール
1988年5月13日生まれ
東京都出身
177cm
アガリスクエンターテイメント所属
個人ブログ:ツワノート
個人twitter:@tuwawawawa
詳細なプロフィールは こちら

「革命的反グローバル資本主義者同盟」の構成員。理工系の大学院卒だが職にあぶれ、爆弾の自作などをしながらくすぶっていたところを塩原にオルグされる。 テクノロジー関係には興味があるが、それにしか興味がない。

淺越 岳人 Asakoshi Taketo

●登場人物紹介[淺越]
「革命的反グローバル資本主義者同盟」の構成員。
理工系の大学院卒だが職にあぶれ、爆弾の自作などをしながらくすぶっていたところを塩原にオルグされる。テクノロジー関係には興味があるが、それにしか興味がない。

●プロフィール
1987年2月25日生まれ
千葉県出身
167cm
アガリスクエンターテイメント所属
個人ブログ:A.S.A.P.通信
個人Twitter:@asataketo
詳細なプロフィールは こちら

「革命的反グローバル資本主義者同盟」の構成員。斉藤の大学時代の後輩。サブカルチャーの流れから半ばファッションでSEALDSなどの運動に参加しており、運動が終息したあとに斉藤にオルグされた。 交際相手がいるが皆には隠している。

前田 友里子 Maeda Yuriko

●登場人物紹介[前田]
「革命的反グローバル資本主義者同盟」の構成員。
斉藤の大学時代の後輩。サブカルチャーの流れから半ばファッションでSEALDSなどの運動に参加しており、運動が終息したあとに斉藤にオルグされた。伊藤と交際しているが皆には隠している。

●プロフィール
1987年5月4日生まれ
大阪府出身
158cm
アガリスクエンターテイメント所属
個人ブログ:前田友里子のわーわー言うとります。
個人twitter:@s06089yuriyuri
詳細なプロフィールは こちら

前田の交際相手で、警視庁交通部所属の警察官。そろそろ結婚も考えているが、なかなか家に上げてくれず、生活環境を教えてくれない彼女にモヤモヤしている。風の噂で「前田が男とルームシェアをしている」と聞きつけ、突然訪ねてくる。

伊藤 圭太 Ito Keita

●登場人物紹介[伊藤]
前田の交際相手で、警視庁交通部所属の警察官。
そろそろ結婚も考えているが、なかなか家に上げてくれず、生活環境を教えてくれない彼女にモヤモヤしている。風の噂で「前田が男とルームシェアをしている」と聞きつけ、突然訪ねてくる。

●プロフィール
1983年4月4日生まれ
埼玉県出身
160cm
アガリスクエンターテイメント所属
個人Twitter:@keitaitoh1983
詳細なプロフィールは こちら

この家の大家の息子で、管理を任されている。ひょんな事で知り合った塩原・斉藤と知り合い、余った一軒家を貸すことに。賃借人が東京オリンピック粉砕を目論む極左暴力集団などとは夢にも思っていない。

矢吹 ジャンプ Yabuki Jump

●登場人物紹介[矢吹]
この家の大家の息子で、管理を任されている。
ひょんな事で知り合った塩原・斉藤と仲良くなり、余った一軒家を貸すことに。組織の活動内容には抵抗がなく、むしろ皆の活動に混ざりたいと思っているが、やんわりと断られつづけている。

●プロフィール
1976年12月16日生まれ
東京都出身
160cm
アガリスクエンターテイメントファルスシアター所属
個人ブログ:ほぼ日刊矢吹ジャンプ
個人twitter:@jhonyabu
詳細なプロフィールは こちら

日替わりゲスト

加糖熱量(裃ー這々)/古屋敷悠(ECHOES)/三遊亭ぽん太/目崎剛(たすいち)/東直輝(悪い芝居)/さいとう篤史(ジョナサンズ)/山田健太郎(やまだのむら)/高木健/菊池泰生/木内コギト

詳細はこちら


スタッフ

脚本・演出:冨坂友 Tomisaka Yu

●プロフィール
1985年5月13日生まれ
千葉県出身
172cm

個人ブログ:冨坂が言う
個人Twitter:@yu_tomisaka
詳細なプロフィールは こちら

文芸助手:淺越岳人 演出助手:菊池泰生/加糖熱量 舞台美術:袴田長武 舞台監督:大地洋一 照明:山内祐太 音楽:三濱徹也 音響:久郷清(東京)/下田要(大阪) 衣装:熊谷有芳 小道具:前田友里子 映像:榎並夕起 配信技術:高畑陸 視点: 辻本直樹/井上亮二 舞台写真:石澤知絵子 宣伝美術:津和野諒 制作:佐伯凛果/佐野木雄太 制作助手:樫村健人 当日運営:杉山純じ

≪協力≫
ECHOES/NPO法人S.A.I/おくびょうサーカス/officeKEEL/裃ー這々/関係舎/コメディユニット磯川家/しむじゃっく/シル/ジョナサンズ/たすいち/CHARA DE/ファルスシアター/フォセット・コンシェルジュ/やまだのむら/悪い芝居